フィギュア

フィギュアとは「figure」の単語の意味から、人の形を模したものというのが一般的に指しています。

人の形を模していれば全てそう括ればいい、ということではなく、等身大のものから数分の一程度のサイズのものを「スタチュー」・「立像」といい、ヴィネットを含む比較的小さなサイズのものを『フィギュアリン・小立像』と呼ぶ。だが「スタチュー」であっても彫刻によって作られたものは『スカルプチュア』と呼ばれるなど、最初の有無や素材の違い、技法の違いなどから呼称の区別はあいまいであったりと、線引きが非常に難しく曖昧であったりする。

フィギュアは一般的に彫刻・彫塑・立像などの分類から外れたものを指し、ヨーロッパにおける大航海時代には、帆船の船首に取り付けていた旅の安全を願うお守りで、女神や妖精などの美女の像を『フィギュア・ヘッド』と呼ぶなど、西欧圏で一般化した言葉もある。

イスラム圏では人形文化そのものがほとんど発達していないが、これはタブーの一つに偶像崇拝があげられているためである。

現代においては趣味の模型や玩具においては『人形』を意味し、鉄道模型やミリタリーモデルなどで使用されている。日本では食玩ブーム以降、ミニチュアの代わりにフィギュアという言い方が広まった。その際には必ずしも人物のフィギュアを意味せず、自動車などの乗り物をはじめとして建物・食べ物・植物や動物・昆虫・過去の生き物や空想の世界のものも含まれることがある。名称は商業上の理由からメーカーによって意図的に別称される場合者ある。

『歴史』

先史

世界最古の人形とは1908年にオーストラリアの遺跡で発見された、旧石器時代の22000-24000年前に作られたものと推定されている。女性的な形状であったことから『ヴィレンドルフのヴィーナス』と呼ばれている。名前の由来はオーストラリアのヴィレンドルフの近くの遺跡であったことから付けられた。またギリシャのクレタ島ミノア文明の遺跡からも人形の顔の部分が発見されている。

こういった人形は戦時文明において文化が発祥し始めたことを示しており、当時の人形がどのような目的で作られたのか未だに判明していないが、これらは墳墓において発見されることが多かったため、宗教的な儀式で利用されていたか、装飾品の一つとして使用されたいたのではと推測されている。

中世・近世

  • 17世紀に中国からヨーロッパへもたらされた磁気を人形に応用し、18世紀に磁気性の人形がドイツを中心に広がった。これがのちの『アンティーク・ドール』と呼ばれることになる。
  • ヨーロッパでは初期にドイツのマイセンで生産で生産されたことから、これらの磁気製品を『マイセン』と呼ぶ。この磁器の生産はまもなくドレステンなどの他の都市へも広がり始めることとなった。
  • イタリアの南チロル地方では。17世紀以後、松の木を素材に使用した聖人や戦闘中の軍人の木製人形が生産されていた。
  • またこの時期、世界各地で現代までに幅広い人形が生まれ、人気を呼び続けている人形もある。その中からいくつかピックアップしてみる。
フランス人形
15世紀のイタリア・ルネサンス期において優秀な彫刻家兼人形師による優れた人形が制作され、それがたちまちフランスで人気を博し、貴族夫人の衣服を宣伝するための等身大の人形まで作られた。現在でいうところの『マネキン』に似ているが、これが後のフランス人形として繋がっていくものとされている。ところが、こうした手の込んだ作品は基本的に上級階級の人々が手に入れるものであり、一般庶民に普及するまでには至らず、ようやく誰でも手に入れやすくなるまでに4世紀という歳月がかかった。これの人形はフランス語で『ブベ・アン・スキュイ』、また英語では『ビスク・ドール』と呼ばれている。この人形の特徴としては頭部が陶磁器で出来ており、現在の収集家や研究者からすればこの人形こそ本来あるべき姿の『フランス人形』と呼んでいる。同様の人形はドイルなどでも利用され、世界へと普及するきっかけを生み出し、日本でも製造・販売、人気を博すこととなる。
20世紀にはいり、第一次世界大戦を境にヨーロッパの人形生産は大きく衰退し、代わってアメリカで、セルロイドやその他の材料を用いた安価な人形が大量生産・販売され、第二次世界大戦後は合成樹脂の発展によって新たな趣向の人形が普及するようになる。ビスク・ドール系の人形はほぼ存在が消えることとなってしまい、今ではこれらを『アンティーク・ドール』として取引されるようになり、主に死蔵ようとして扱われるようになった。
マトリョーシカ人形
ロシアから誕生した人形で、名前の由来としてはロシア人女性から来ているとされている。人形の特徴としては胴体の部分で上下に分割でき、中には少し小さめの人形が入っている。この製造方法を何度か繰り返すと、入れ子構造により人形の中からまた人形が出てくると言った変わった形ができるようになった。入れ子にするためには人形の腕はあえて作らず、胴体とやや細い頭部からなる筒状の構造となり、6重以上の入れ子でもある場合がある。
それぞれの人形には女性像が描かれているのが本来のものであるが、大統領などの有名人がかかれたものや、動物など人間以外のものが描かれているなど、絵柄は特定しておらず、様々にその独特な個性を広げていった。
その後の1900年にて開催されたパリ万国博覧会で銅メダルを受賞したのをきっかけに、ロシア各地で色々なマトリョーシカ人形が作られるようになり、ロシアの民芸品、みやげ物として広く知られるようになった。パリ万博の歴史はそこまで古くはないが、そのルーツとなるものはいくつか説があり、その中に日本のだるまなどの入れ子人形がモデルになったのではないかともいわれている。

ではいくつか有望と思われるマトリョーシカ人形の誕生の仮説を挙げてみる。

  • 1.)1890年代半ば、モスクワ郊外に住むS.I.マーモントフ婦人と画家S.I.マリューチンとザコルスクとろくろ師V.ズビョズドチキンによって、モスクワの工房『子供の教育』で制作されたと言う説。
  • 2.)19世紀末、箱根にあった正教会の避暑館にやってきたロシア人修道士が、本国への手土産品にと持ち帰った箱根細工の入れ子人形がマトリョーシカの元となっている説
  • 3.)日露戦争で、愛媛県・松山捕虜収容所のロシア兵が愛媛県の郷土玩具の一つ『姫だるま』を真似て作ったと言う説。

しかしここで、(3.)の説には1900年のパリ万博でマトリョーシカ人形が銅メダルを獲得していると言う事実と明らかに矛盾しているので、『日本ユーラシア協会』では(1.)(2.)の説を有力として採用している。

マトリョーシカの第一号が飾られているセルギエフ・ボサードの博物館には「実は日本に教わった」という縁起が記されており、隣にはモデルとなったとされている箱根七福神の入れ子人形も展示されている。

現代

  • 現代の人形、プラスチックで生産されるものを特に『フィギュア』と呼び、ポリ塩化ビニル製のフィギュアは『PVCフィギュア』と呼ばれている。
  • 1964年に発売されたアクションフィギュアは『フィギュア』であるが、それだけでなく、フンメル人形やボブルヘッド人形・リヤドロ人形も含まれる。
バービー人形
最も有名な人形ということを問えば『バービー人形』が出てくるだろう。現在までに世界累計売上数10億体以上と言われ、世界人口から数えて6人に1人の割合で所持していることになる。今は持っていないが、購入したことはあるとなれば、さらに増えることだろう。しかし全体的な面から見れば華やかな歴史だが、決して栄華だけではなかった。
創業者であるポーランド系ユダヤ人のルース・ハンドラーがスイス旅行へ言った際に、娘のバーバラへの土産として購入したセクシードール『リリ』が元となっている。
初期のバービーは日本で製造され、1959年3月9日にアメリカにて発売開始。当時、アメリカではあまり評価されていなかった日本製の人形に3ドルという、当時の相場より高めの値段設定で販売したため物議をかもしたが、ファッショナブルで精巧な人形は子供達に指示され、大人気となり、業界から出ていた否定的な目など微塵も感じさせることはなかった。
しかしいざ日本で本格的に販売を開始してみると、発売当初から販売不振が続き、化粧や紙の色、衣装のデザインなどを日本人の好みのものに変える試みが続けた結果、一時期は売上を伸ばすも67年に誕生したリカちゃん人形の発売により、日本市場からの撤退を余儀なくされた。
1970年代後半から再上陸を果たすも、売り上げ不振は続き、日本人向けのバービーを作ることを迫られたマテル社はタカラと提携し、1982年に『タカラ版バービー』を販売し、同時期にリカちゃん人形と同時期に、着せ替え人形の代名詞とも言える二体を販売していたことになる。1986年に提携は解消され、『バービー』は『ジェニー』として販売されることになる。
タカラとの提携解消後はバンダイとの業務提携を交わしていたが、2003年には解消し、現在はマテル社の日本法人マテル・インターナショナルからバービーが販売されている。
リカちゃん人形
着せ替え人形の代名詞として、『バービー』に次ぐ日本発の商品である。当時はバービー人形が販売されていたが、家庭内で遊ぶにあたりに人形の大きさが、日本の住宅事情や子供が持ち運びする際にあたって大きすぎるという問題が出たことが企画の始まりである。
コンセプトとして『日本の少女達が寄り身近に感じられるようなファッションドール』というテーマが揚げられ、小学生という設定と、小さな女の子の手のひらの中に収まる身長21cmという大きさと、当時流行していた少女マンガのヒロインのような顔立ちが、漫画家の「牧 美也子」の原案から考案され採用された。
親しみやすい使用が日本の子供に受け入れられたことと、マテル者の生産拠点を他国に移して日本でのバービーの販売に力を入れなくなったという市場の追い風を受け、発売から2年後には日本での売上が事実上のトップとなり、年末商戦においても他の人形を圧倒し、『日本の着せ替え人形の女王』として君臨し始めた。
現在の日本でも、着せ替え人形といえばと聞けば『リカちゃん人形』と答える日本人がほとんどのため、名実共に着せ替え人形の代表格、まさに『偶像の女神』と表現しても間違いはないだろう。

『フィギュア製品』

フィギュアと言っても様々で、造型の過程で使用する材料の種類などによって細かく分類することができる。そんなフィギュアの、現在の市場で取扱われている製品は以下の通りである。

メタルフィギュア
金属製のフィギュア。
自販機フィギュア
食玩の中でキャラクターフィギュアが付属しているもの。
プライズフィギュア
ゲームセンターのプライズゲームや一番くじなどの景品。
アクションフィギュア
間接部分など、可動できるところがある、主に男児向けのフィギュア。
ソフトビニール人形
ポリ塩化ビニルを型抜きして中空成型したパーツを組み立てた、完成品のフィギュア
ドール
西ヨーロッパ圏、特にヨーロッパにおける愛玩用もしくは玩具としての人形
ガレージキット
アマチュアもしくはセミ・プロモデラーによって作られた、大量生産が難しい技法で生産されたキット

『フィギュアの製造方法』

フィギュアというものはもちろん遊戯用・鑑賞用と分かれているが、中には彩色を自分で行い、どこにもない全く新しいオリジナルのフィギュアを作ろうとする人もいる。そのためフィギュアの中には元々の配色を施されていないタイプも売られており、それを買い求める人用に、大抵は色をつけるためのキットがその場にも売られていることのが一般的である。だが上記に当てはまらない、職人になりたいという者もいるだろう。ここでは簡単にではあるが、製造方法を記していこう。

  • 1)ポリエステルパテを使用し、おおまかな形を盛り付けてから、硬化後に細工を施す。
  • 2)無発泡ポリウレタン樹脂を使用し、おおまかなブロック状の成形物をつくってから、削り出す。
  • 3)石粉粘土など、乾燥により硬化する粘土を用い、おおまかな形を盛り付けてから、硬化後に細工を施す。
  • 4)焼成粘土など、加熱により硬化する粘土を用い、おおまかな形を盛り付けてから、硬化後に細工を施す。
  • 5)繊維強化プラスチックをガラスクロスに塗り付け、形を整え、硬化後に細工を施す。

書いてみたが、筆者はこの手の技術と知識が皆無なため、さっぱり分からない。むしろ、眺めていればそれで良し! という思いの方が強い。

だがフィギュアを作るに当たって、必ずしも作れば売れると言うわけではない。近年ではそれでこそクオリティの高いフィギュアが数多く販売されているが、それも日本人の繊細さと器用さがあってこそ可能になるものだ。だが必ずそうした作品が万人に受けるとは限らない。現在でのフィギュアは主に、アニメや漫画の二次元的『美少女キャラクター』をモチーフにデザイン・構成されているのがほとんどである。そうした場合、消費者としてフィギュアに求めることとは『いかにそのキャラの顔が忠実に再現されているかどうか』という点なのである。いかに有名な造型氏がデザインして作ったとして、万人に受けることはまずなく、それぞれが思い描いていた通りに再現されているかで判断されるため、人気キャラを用いても必ず売れるとは限らない。またデザインされるキャラのほとんどが市場でほぼ制作されているものばかりなため、キャラによっては飽和状態の中での新作発表をすることになる。その中でも、やはり『キャラの顔』が重要となってくる。